蚕糸・絹業提携支援センター
Home > Q & A > 蚕糸・絹業提携支援緊急対策事業編〜B大日本蚕糸会と蚕糸・絹業提携支援センターについて〜
(問8)財団法人 大日本蚕糸会とはどんな団体ですか?

大日本蚕糸会と蚕糸・絹業提携支援センターについて (問8)財団法人 大日本蚕糸会とはどんな団体ですか。

1 概要
大日本蚕糸会は、明治25年に任意法人として創設され、昭和15年に財団法人として認可された団体です。蚕糸、絹に関する基礎科学及び応用技術の研究を行い、あわせて科学、技術を助長振興し、かつ蚕糸絹業の改良発達を図り、もって社会文化の向上発展に寄与することを目的としています。

目的を達成するため、以下のような事業を実施しています。
@ 財団の管理運営
A 蚕糸絹業功労者の表彰
B 蚕糸絹の科学・技術を対象とした研究助成
C 蚕糸・絹業提携支援緊急対策事業の推進
D 蚕糸絹文化活性化に関する協力支援
E 蚕糸文庫の管理及び蚕糸関係出版物の刊行
F 先導的養蚕農家に対する新技術・経営の実証
G 海外蚕糸技術者などに対する研修・交流
H 蚕糸会館、サンケンビルヂングなど資産の管理

2 組織
組織としては、本部のほか、繭、生糸、絹織物、絹蛋白質等を研究する蚕糸科学研究所及び養蚕新技術の研究、蚕種の育成、製造等を行う蚕業技術研究所を設置しています。
また、平成20年2月29日には、農林水産省から蚕糸・絹業提携支援緊急対策事業を実施する団体として選定されたため、内部組織として蚕糸・絹業提携支援センターを設置しました。

(参考)組織体制図
組織図 3 所在地及びホームページ
(1)本部
    〒100−0006
    東京都千代田区有楽町一丁目9番4号 蚕糸会館6階
    TEL:03-3214-3411 FAX:03-3214-3415
ホームページ:http://www.silk.or.jp/

(2)蚕糸・絹業提携支援センター
    〒100−0006
    東京都千代田区有楽町一丁目9番4号 蚕糸会館5階
財団法人 大日本蚕糸会
    TEL:03-3214-3500 FAX:03-3214-3511
ホームページ:http://www.silk-teikei.jp/index.html

(3)蚕糸科学研究所
    〒169−0073
    東京都新宿区百人町三丁目25番1号 サンケンビルヂング
    TEL:03-3368-4891 FAX:03-3362-6210
ホームページ:http://www.silk.or.jp/silk_kagaku/index.html

(4)蚕業技術研究所
    〒300−0324
    茨城県稲敷郡阿見町飯倉1053
    TEL:0298-89-1771 FAX:0298-89-2356
ホームページ:http://www.silk.or.jp/silk_gijyutu/index.html

ページトップへ▲

(問9)蚕糸・絹業提携支援センターの役割を教えてください。

1 概要
(1)目的
蚕糸・絹業提携支援センターは、国産繭・生糸の特長を生かし、その生産履歴の明らかな純国産絹製品を商品化することにより、蚕糸・絹業の関係者に再生産可能な繭代・加工代を配分していこうとする蚕糸業(蚕種業、養蚕業、製糸業、生糸流通業等)と絹業(絹織物業、染色加工業者、染潰し問屋等)が提携グループを構築し、かつ、その推進活動を支援する「蚕糸・絹業提携支援緊急対策事業」を執行する組織として、財団法人大日本蚕糸会に設置されたものです。

(2)事業内容
提携支援センターは、専門家や関係者の協力も得て、提携グループに入る意向のある農家や絹業関係者に助言したり、頼りになる人を紹介・あっせんする等、問題解決に向けてサポートします。
提携グループに対しては、所要の助成を行います。
このほか、提携システムを作るために必要な稚蚕の安定供給と養蚕用機械・機材の整備に対する助成等も行います。

2 所在地及びホームページ
    〒100−0006
    東京都千代田区有楽町一丁目9番4号 蚕糸会館5階
      財団法人大日本蚕糸会本部内
    TEL:03-3214-3500 FAX:03-3214-3511
ホームページ:http://www.silk-teikei.jp/index.html

3 組織体制図
体制図

ページトップへ▲

Copyright 2008 蚕糸・絹業提携支援センター All rights reserved.