蚕糸・絹業提携支援センター
Home > 事業のご案内 > 趣旨

趣旨  蚕糸業については、国内の和装需要の減退、安価な輸入生糸や絹製品の輸入増加などによる生糸価格の低迷によって、養蚕農家数や繭生産量は大きく減っています。

国産の繭・生糸については、これまで養蚕農家の手取りの9割以上を繭代補てん対策によって支援することにより、国内市場における輸入生糸との競争力の強化を図ってきたところですが、このまま単純に従前の繭代補てん対策に依存していたのでは蚕糸業が産業として消滅しかねない緊急事態にあります。

このため、蚕糸・絹業提携支援緊急対策事業においては養蚕業及び製糸業と絹織物業、生糸流通業、小売業等の連携を推進し、その連携によって、国産の繭・生糸の希少性を活かした高品質な純国産絹製品づくりをすることを通じて、蚕糸業の再生と持続的発展を図ることとしたものです。

Copyright 2008 蚕糸・絹業提携支援センター All rights reserved.